カードローンから見る正しいローンの使用法

カードローンは金融機関が発行するローンの一種です。貸出枠を契約時に設定しておき、その範囲内でカードを使用して借り受けることが出来るサービスで、消費者金融のキャッシングと比べて低金利な点と、保証人が必要無いことから人気の商材です。

現在ここまでの人気になったのは、キャッシングに対する総量規制が行なわれたのが大きいと言われています。それは、無担保での借り入れを年収の3分の1にまで規制するという事で、借りる側にとって手痛い規制でしたが、貸す側にとっては下手をすると会社が潰れかねない程の改革でした。

金融機関はカードローンより他の大口のローンで利益を出していましたが、消費者金融は個人へのキャッシングが本命の商品です。高金利だけど高融資、という主力が規制されてしまえば、現在の規模を維持することは難しいものです。それに加えて、利率も20パーセントまでに制限が掛かってしまい、現在、消費者金融は危機に陥ってると言ってもいい状況です。

カードローンは前から低金利で相手に合わせた融資を行なっていましたし、もともと総量規制の対象外でした。その土俵にキャッシングが降りてきた以上、消費者金融は変革の時を迫られています。


カードローンも全く変化していないと言うわけではなく、総量規制が行なわれて以来、アルバイトやパートでも一定の収入があればカードローン審査を通る可能性があるなど審査基準の緩和がされました。

これは、金融機関がカードローンのシェアに興味を示していることへの証左でもあります。もちろん借入金額の上限を上げようとするとしっかりとした生活基盤が必要となりますが、カードローンのサービスも充実してきていますので、様々な使い道を模索することが出来ます。

しかし、やはりカードローンの、と言うよりは金融機関としてのデメリットも存在します。それは金利水準が上下するため、利息も変化すると言うことです。変動金利製による利息なので、大幅な上昇があった場合には損をしてしまうことになります。これは金融機関としての弱みと言えるでしょう。

ですが、全体的に見るとメリットのほうが大きいのも事実です。消費者金融はいま危機に立たされていますが、総量規制を行なう前の高金利というのは、利用者にとってはリスクが高すぎて一方的な部分がありました。カードローンはその部分を上手く解消し、返済能力に合わせたサービスを提示しています。両者の比較は、身の丈に合った利用を行なうことをひどく自覚させてくれるものです。